社員紹介

一ノ瀬 太樹(いちのせ だいき)

元SIer。前職まではネットワークエンジニアとして主に大手通信キャリアのネットワーク設計・構築に従事し、低レイヤーからアプリレイヤーまで幅広く対応していた。
WASForumが主催するHardeningへの参加をきっかけにセキュリティ業界に興味を持ち、OWASP Japan Promotion Teamに参加。
その後、セキュリティ業界へ転身してEGセキュアソリューションズ株式会社にjoin。
SIer時代の経験と怠惰であることから独学で学んだプログラミングの経験を活かし、セキュリティエンジニアとしてお客様に安心・安全を提供すると共にEGセキュアソリューションズのインフラ管理も行っており、SELinuxを利用したWordPressサイトの構築などを実施。
趣味はコミュニティー活動で、JPAの事業となっているPerl入学式へのサポーター参加やOWASP Japanのプロモーション活動を行っており、「OWASP Night」や「YAPC::Kansai」などでの発表も実施。OSS活動としては「OWASP ZAP」へのコントリビューションを実施。

 

資格

著作、執筆等

 
 
 


松本 隆則(まつもと たかのり)

長年のシステム開発を経て、脆弱性診断歴は10年以上のベテランエンジニア。脆弱性診断と脆弱性診断教育をこよなく愛し、自らが主宰している「脆弱性診断研究会」で毎月開催しているハンズオンセミナーの受講者数は延べ1000人を超え、そのざっくばらんな語り口で多数のリピーターの心を鷲づかみにしている。セキュリティ人材不足解消、セキュリティ人材のレベル向上を使命とし、効果的な教育カリキュラムの考案と講師としてのスキル向上に日々余念がない。OWASP Japan Promotion Teamに所属して、OWASP ZAP と脆弱性診断の普及に努める傍ら、ITエンジニア向けサイト「CodeZine」への記事の寄稿やITイベント「July Tech Festa 2016」への登壇なども行っている。ウェブ広告や画像編集もこなすマルチプレーヤー。

 

著作、執筆等

 
 
 


細野 英朋(ほその ひでとも)

大学では工業デザインやソフトウェアUIを研究。前職のIIJにて、ウェブアプリケーション開発からテクニカルサポートに至るまでをオールラウンドにこなしつつ、JPCERT/CCに約4年間出向し、インシデント対応支援・セキュリティ情報分析等にも従事。
幅広い業務経験と知識を生かして、記事執筆や書籍レビュー、PyCON JPはじめIT系イベントのスタッフ業務等も行っている。
EGセキュアソリューションズでは、これまで培ったセキュリティに関する知見をもとに脆弱性診断やコンサルティングをこなす理論派エンジニア。ブロックチェーン技術のセキュリティにも取り組んでいる。
プライベートでは、妻へのスイーツのお土産を毎日欠かさない愛妻家。

 

資格

著作、執筆等

 
 
 


岡本 早和子(おかもと さわこ)

ファッションデザイナーからウェブプログラマへ転身。ユーザー企業、ベンダー企業双方でウェブアプリケーション開発の上流から下流まで一通りの業務経験を持つ。ベンダー企業においてプロジェクトマネジメントに従事したのち、セキュリティマネジメント分野へ。ユーザー企業のセキュリティ担当として、ISMSやPMSの運用や監査業務に携わったのち、EGセキュアソリューションズに入社。開発現場の疲弊やマネージャの苦悩、セキュリティ担当の悲哀を身をもって知るからこそ、現場目線のムリ・ムラ・ムダの無いセキュリティ対策で現場を幸せにすることを自らのミッションとする。特技は、高度情報処理試験の論文対策。プライベートでは、PTA役員の順番が回ってくることにおびえる二児の母。日本システム監査人協会所属。
 

資格