【1月9日(火)】「無線LAN脆弱性診断サービス」を開始

EGセキュアソリューションズ株式会社とディーアイエスソリューション株式会社(https://www.dsol.co.jp/ 本社:東京都品川区、取締役社長 小峰 伴之、以下「ディーアイエスソリューション」)は、IoTの普及に欠かせない「無線LAN脆弱性診断サービス」を、2018年1月9日(火)より開始いたします。

 

【無線LAN脆弱性診断サービス 概要】

オフィスや工場設備内などに設置された無線LAN環境に潜む脆弱性やリスク、不正アクセスによる脅威を調査するサービスです。

  1. 脆弱性が指摘されている暗号化方式を無線LANに設定されていないかの調査。
  2. 無線機器の設定内容や物理的なチェックの実施。
  3. 無線LANアクセスポイントが管理者以外により設置されていないかの調査。
  4. 現地で調査した情報を解析し、レポートを作成。

 

なお、より詳細な情報や本リリースのPDF版については、弊社の親会社であるイー・ガーディアン株式会社(http://www.e-guardian.co.jp/ 東京都港区 代表取締役社長:高谷 康久)のコーポレートサイトにて公開いたしております。

https://www.e-guardian.co.jp/info/2018/0109