【12月11日(火)】「ウェブ・セキュリティ試験」監修のお知らせ

EGセキュアソリューションズ株式会社は、一般社団法人BOSS-CON JAPAN(https://www.boss-con.jp/ 東京都世田谷区 代表理事:吉政 忠志)が2019年12月より開始する「ウェブ・セキュリティ試験」の監修を務めることをお知らせいたします。

 

EGセキュアソリューションズでは、ウェブ業界内におけるセキュアプログラミング技術に格差が生じている現状を鑑み、これを解消するための施策である本試験の立上げに参画いたしました。

本試験では、ウェブアプリケーション開発を行う上で、必要なウェブアプリケーション脆弱性の知識およびその対策といった基礎的な知見と実務的な知識を問う問題を出題します。

受験される皆様方におかれましては、本試験を通してセキュアプログラミング技術の向上にお役立ていただきたい所存です。

 

ウェブ・セキュリティ試験概要

試験名称 ウェブ・セキュリティ試験(仮称)
試験グレード PHPウェブ・セキュリティ基礎試験(2019年12月)
PHPウェブ・セキュリティ実務知識試験(実施時期未定)
試験開始 2019年12月
運営団体 一般社団法人BOSS-CON JAPAN PHP技術者認定機構
受験料金 1万円(外税)
※学生および教職員は50%オフでの受験が可能になります。
試験センター 全国のオデッセイコミュニケーションズ CBTテストセンター
設問数 40問
合格 70%正解
主教材 「体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 第2版」(SBクリエイティブ)

 

PHP技術者認定機構について

オライリー・ジャパン、ニフティ、日本マイクロソフト、NTTコミュニケーションズによる特別協賛のもと、2011年2月1日に設立したPHP技術者認定試験を運営する団体です。オライリー・ジャパンが出版した『初めてのPHP5 増補改訂版』と『プログラミングPHP 第3版』を主教材及び出題範囲としています。業界初の匿名論文審査方式を採用した最上位資格審査「ウィザード」を実施しています。

 

本件に関するお問い合わせ先