2022.06.15

ソフトウェア型WAF「SiteGuardシリーズ」月額ライセンス契約数1,000件突破
~「SiteGuardシリーズ」の活用をトータルサポートする「導入サービス」をリニューアル~

 EGセキュアソリューションズ株式会社(https://www.eg-secure.co.jp/ 東京都港区 代表取締役社長:寺田 剛 以下、「EGセキュアソリューションズ」)は、「SiteGuardシリーズ」のホスティング・クラウド事業者向け月額ライセンスの累計契約数が1,000件を突破するとともに、「SiteGuardシリーズ」の活用をトータルサポートする「導入サービス」をリニューアルしたことをお知らせします。

弊社は、サイバーセキュリティ対策のプロフェッショナル集団として、ウェブアプリケーションの脆弱性診断、情報セキュリティ・情報システムに関する監査、コンサルティング、教育などインターネットセキュリティにおける課題解決を目的としたサービスを幅広く提供しており、近年は有効なセキュリティ対策の一つとしてWAF製品の開発・提供に注力しております。

 昨今、デジタル化が進む中、頻発化・巧妙化しているサイバー攻撃は官公庁や一般企業だけでなく病院などにも被害が広がり、ネットワークを活用する全ての企業・団体に対し早急なセキュリティ対策が求められております。特にIPAが2022年4月に発表した「ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2022年第1四半期(1月~3月)]」によると、ウェブサイトの脆弱性に関する報告が多く、2004年7月8日の届出受付からの累計において全体の約7割を占めていることがわかりました。また、サイバー攻撃を受けた企業のうち中小企業が占める割合が増加傾向にあり、中小企業における対策の未実施や人材不足などセキュリティ対策の課題が浮彫りになっていると考えられます。

 このようなウェブサイトを取り巻く脅威に対応すべく、弊社は、ホスティング事業者との連携強化を進め、中小企業での利用も多い専用系ホスティングサービスのオプション機能として「SiteGuardシリーズ」の月額ライセンス販売を行っております。そして、導入しやすい価格設定と確かな品質・サポートが評価され、この度月額ライセンスの累計契約数が1,000件を突破いたしました。

 「SiteGuardシリーズ」は、ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用した様々な攻撃に対する高い防御性能とユーザビリティの両立を実現したソフトウェア型WAF製品です。簡単なインストールと初期設定、手間のかからない運用、専任エンジニアによる安心サポートによって、セキュリティに詳しくない方でも導入・運用が可能なWAFとして、セキュリティ要件の厳しい官公庁やメガバンク等の大企業や効率的な運用が不可欠な大規模ホスティングサービス事業者など、国内100万サイト以上で利用されています。今後もホスティング事業者とのパートナーを増やしながら、様々な企業のセキュリティ対策に選ばれる製品としてアップデートをしてまいります。

 また、近年ソフトウェアWAFの導入が増加したことで、「管理者が不在のため簡単な設定変更やバージョンアップ作業等も外部に委託したい」「詳細でユニークなチューニングを専門家にお願いしたい」という要望が増えてきたことから、導入サービスのリニューアルを行い、新たに「SiteGuardシリーズ」の導入を専任エンジニアがサポートする「PE構築支援サービス」と、安心・安全なWordPress運用を支援する「SiteGuard WP Protect Service」を提供開始する運びとなりました。

「PE構築支援サービス」では、これまであった設定のチューニングだけでなく製品のインストールから設計・本格稼働までを支援できるようサポート範囲を拡充したことで、システムに詳しくない方にも気軽にご利用いただけるようになりました。また、「SiteGuard WP Protect Service」は、世界的に高いシェアを誇るWordPressのセキュリティ対策として2014年より無償提供し大変好評いただいている「SiteGuard WP Plugin」の知見を活かしており、安心・安全なWordPressの運用を実現いたします。

今後は、既存製品・サービスについてより品質・性能を向上させる方法を模索していきながら、お客様の状況に応じて導入や操作が容易で、且つ高効率の新しいサービス・製品の開発を行ってまいります。さらに、2021年12月に発足したサイバー攻撃の調査・研究を行う「セキュリティ研究所」を中核に据え、新しい脅威への対応を絶えず検証、速やかにアップデートし安心・安全なインターネット環境の実現を目指します。

【導入サービス 概要】

導入サービス(標準):製品のインストール、初期設定、検出ログの解析、チューニング支援
導入サービス(Lite):検出ログの解析、初期チューニング支援
PE構築支援サービス:専任エンジニアが導入から本番稼働までをトータルで支援
WP Protect Service:WordPressの基本的なセキュリティ対策、最適なシグネチャを提供
製品トレーニングサービス:運用担当者向けに製品トレーニングを実施
URL:https://siteguard.jp-secure.com/introduction-service

【SiteGuardシリーズについて】

https://siteguard.jp-secure.com/

  • ウェブサイトの脆弱性を悪用した攻撃を防御するソリューションとして、官公庁や金融機関をはじめとした大企業から個人向けホスティングサービスまで、幅広い導入実績をもつ国内トップシェアクラスの純国産ソフトウェア型WAF(Web Application Firewall)製品です。
  • ソフトウェア製品の特性を生かし、オンプレミスやクラウドなどのインフラ環境を問わず、多様なシステム環境で利用できるよう、ホスト型WAF「SiteGuard Server Edition」とゲートウェイ型WAF「SiteGuard Proxy Edition」をご用意しています。
  • Apache、Nginx、IISウェブサーバーのモジュールとして動作するホスト型 WAF「SiteGuard Server Edition」は、ウェブサーバー自体にインストールするため、専用ハードウェアが必要なくネットワーク構成を変更せずに容易に導入することが可能です。
  • ホスト型WAF「SiteGuard Server Edition」は、WAFの設定をApache、Nginxの設定ファイルで行うことができ、レンタルサーバーなどのサービス事業者様のサービスに組み込みやすいという特長があり、オンプレミス環境のシステムだけでなく、クラウド・ホスティング環境との親和性が高いため、サービス事業者の導入実績が多数ございます。
  • 当社サービスパートナーが提供する専用レンタルサーバーでのWAFオプション(SiteGuard)の契約数は、累計1,000件を超え、更には、共用レンタルサーバーにおいても、累計100万を超えるサイトを保護している実績をもち、1万を超えるVM(仮想マシン)環境でのサービス提供における安定稼働の実績も保有しております。

■EGセキュアソリューションズ株式会社 会社概要

代表者:代表取締役社長 寺田 剛
所在地:東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
設立:2008年4月
資本金:1,000万円(2022年3月末日現在)
業務内容:1.情報セキュリティ、情報システムに関する監査、コンサルティング
2.情報セキュリティに関する調査、研究、執筆
3.情報セキュリティ関連の教育及びコンテンツ制作
4.セキュリティ製品の開発、販売、サポート
URL:https://www.eg-secure.co.jp/

【本件に関するお問合せ先】イー・ガーディアン株式会社

TEL:03-6205-8857 FAX:03-6205-8858
Mail:info(アットマーク)e-guardian.co.jp
広報担当 :小野

詳しくはこちらをご確認ください。

https://www.e-guardian.co.jp/info/2022/20220615.html

News back number

過去のお知らせ一覧

2022.06.20

【6月24日開催】「最新事例から学ぶ!Webセキュリティ対策の基本」に弊社取締役副社長 齊藤 和男が登壇いたします。

read more

2022.06.20

【6月25日開催】『DNS Summer Day 2022』に弊社取締役CTO 徳丸浩が登壇いたします。

read more
see all news back number

Contact

お気軽にお問い合わせください。

Mail magazine

弊社徳丸の登壇情報はもちろん、セキュアなシステム開発を行うためのポイントや、
最近話題の脆弱性などについて配信しております。